セルフエステ

目のクマ3種類【結局、混合してる場合が多い】

目のクマ3種類【結局、混合してる場合が多い】

目のクマって本当になくならない。。いろんなこと試したけど1日寝不足になるだけですぐに目立つし、くすみなのか色素沈着なのかよくわからないし、いずれたるみもひどくなるのかなーって、あきらめモード突入って感じ。

 

クマのトラブルは段階があります。タイプ別に分けるだけでなく、多角的にケアをすることで、徐々に目元の明るさを取り戻せますよ!

 

 

 

クマは3タイプあるのは有名ですよね。

 

この3タイプはただ別なだけではなく段階的なものです。

 

シミと同様に、ケアを段階的に分けてケアをしていくことで効率よく目元美人を目指しましょう♪

 

3タイプを段階的に考察

青グマ【改善策:血液循環を良くする】

血行不良が原因で、血行の色が透けて見えている状態。

 

方が凝っていて血流が悪いと起こります。寝不足の日は特に目立つようなら青グマです。

 

茶グマ【改善策:美白ケアをする】

 

こすったり、日々のメイクが落ち切れてなく、色素沈着してしまう状態。

 

青グマの色が目立っていることで、目元が日焼けしやすい状態になって色素沈着を悪化させることもあります。

 

黒グマ【改善策:筋肉運動&むくみケアをする】

 

老化や、むくみによりたるみができて影ができる状態。

歳をとったからと思うかもしれませんが、まだ、あまり気にならないと言う方はむくませないように血液とリンパの循環を良くすることで事前に対策できます。

 

上記のように3タイプに分けてますが、実際はこれが混合していると思います。

なぜなら、青グマができることで、日焼けにより茶グマへの悪化もしくは、青グマの血流の悪い状態でむくみがある状態により、黒グマのたるみへ悪化していくことが考えられるからです。

日常生活から心がけること

日焼け止めの塗り忘れ

以外と多いです。目元までしっかり塗りましょう!日焼けは茶グマの悪化を引き起こします。

マスカラの落ちやすいクレンジングを使用する

マスカラがっつりのメイクも素敵ですが、落とす際の摩擦は要注意です。目元に触れるときは優しく触れることを習慣付けましょう。

目薬

眼球の乾燥で目元の循環が悪い状態にならないようにして、瞳のケアも行っていきましょう。

まばたき

集中をすると忘れてしまうことが多いです。しっかり意識していくことで目の潤いと目の血流を促しましょう。

ブルーライト

パソコンやスマホは便利ですが、見過ぎるのは本当に目に負担がかかります。仕事でパソコンを使用する方は、ブルーライト対策グッズは必須ですよ。

クマにオススメのケア

温める

使い捨ての物やレンジで温めるの物、ハンカチやタオルをレンジで温めた物でもOKです。

血流の滞りを流すように、夜の時間や、お昼の休憩時間には温めケアをするだけで、目の見え方も変わってきます。

ツボ押し

まゆげのラインとこめかみ、目袋の周辺を優しく指で押してあげるだけです。

目周りのマッサージは一生懸命やってしまうと、茶グマの原因になることもありますので、注意しましょう。

目元の体操

真上、真下、右、左の方を見ます。

思いきりこれ以上眼球が動かないと思うところまで黒目を動かしましょう。

このような簡単な体操は、筋肉にも影響するようで、目がぱっちり二重になることもあります。

美白成分配合のファンデやコンシーラーに切り替える

クマをメイクで隠すことが必須な方は、美白成分の入っているファンデーションや、コンシーラーを使用することで、日中も美白ケアを行うととても効果的ですよ。

アイクリーム

血行促進成分、美白成分の配合された美容液やクリームを使いましょう。

保湿やシワに特化している物も多いですが、クマの改善に効果的と考えられる成分を探してみましょう。

おすすめは【こちら】

目元用美顔器

超音波やマイクロカレントなどの筋肉に効果がある機器で、目元に使用しやすいヘッドが小さい物が一つあると便利です。

オススメは【こちら】

 

以上です♪

 

いかがでしたか。目元が綺麗で明るいとお顔全体の印象が明るくなりますよね!目元の皮膚は特に薄く、トラブルの起きやすい部分です。優しくケアをしていくこと心がけましょう⭐️

 



ABOUT ME
香
エステティックが大好きな元エステティシャンの主婦です。 美容部員、エステ化粧品の企画、エステティック開業支援のマーケティングを経て、エステの講師をしてました。 美容機器と化粧品の成分を調べながら、セルフエステをするのが趣味です。 若い頃はエステについての資格オタクでした。 日本エステティック協会認定講師、日本エステティック業協会認定講師、シデスコ国際ライセンス、インファインターナショナルエステティシャンゴールドマスターのライセンスなどを取得しました。 通信教育や特別講座で取得したので、ちゃんとした全日制の専門学校へは通ってません。 美意識が高く日々セルフエステをしている方や、本格的にエステの勉強をして資格を取得したいと考えている方へ、実際にエステティックの授業で使用される教科書なども、参考文献にして記事を書いていきますので、たまに覗いてくださると幸いです。